中国人女性と国際離婚

    
     

中国人女性と結婚しても最初のうちは楽しい結婚生活を送れるかもしれませんが、
あえなくして離婚という道をたどってしまう夫婦も少なからずいます。

中国国際結婚の離婚率というのは正確な数字はわかりませんが、
それなりの確率で離婚している夫婦がいるのは間違いありません。

国際離婚の手続きについて

日本人男性と中国人女性の離婚手続きは複雑です。
ケースによって離婚方法が異なるためです。

日本国内の離婚手続きのみであれば、日本人同士の離婚と同じ手続きになります。
一般的には、離婚協議・離婚調停・離婚裁判のいずれかの方法によって離婚となります。

 

両者間に離婚への意志に隔たりがなければ離婚協議してお互いが合意すれば、
必要書類を記入して市町村へ提出して完了となります。

 

この手続きは日本での離婚手続きとなります。

 

一方、中国での離婚手続きについてですが、これが非常に厄介です。

 

まず、基本的に中国での離婚手続きは裁判が必要になります。

日本のような協議離婚は例外を除き、認められていません。

 

ただし、実情はいろいろ複雑になっており、国際離婚に詳しい専門家へ相談しどういった方法によって国際離婚するべきかのか相談したほうが良いです。

日本と違い、中国では法律も違います。中国で結婚した場合には中国国内の法律に則って離婚手続きをしなくてはなりません。基本的に離婚には裁判が必要ですが、中国内地で結婚手続きをした場合には国際離婚の場合でも裁判の必要はなく、協議離婚が可能なんです!

う~ん、こんな話を聞くだけでちんぷんかんぷんですねぇ。。。

 

国際離婚中国を相談すべきは専門家

間違ってもご自身の判断だけで離婚手続きされるのはやめましょう。

日本国内だけの手続きは上述したように比較的カンタンですが、
中国での手続きはケースバイケースとなっていて、素人判断では難しいです。

 

弁護士・行政書士など、中国人との離婚関係の案件を多数経験している
事務所へ相談するのがベストです。

 

中国人女性との国際離婚の流れ

1、現状をきちんと把握・整理

日本、中国双方での婚姻続きの状況を把握しておきます。
日本人男性、中国人女性双方の離婚の意志を確認。
相手女性(中国人女性)の現況についてを確認

 

2、専門家へ相談

基本的に国際離婚に関する相談は有料となります。
弁護士だと30分5,000円程度かかります。

 

国際離婚にかかる費用

着手金30万円前後、成功報酬として20~30万円以上

国際離婚手続きの難易度によって大きく上下します。

 

国際離婚には気持ち的にも金銭的にも非常にダメージが大きいです。

しかし、離婚したい気持ちが強いのに放置していてもさらに悪化する一方です。
離婚の意志が固いなら早めに専門家へ相談し、どういった方法があるのか知ることが第一です。

 

まず最初に行政書士へ相談し、手に負えない案件の場合には
弁護士へ相談するという方法もアリです。

一般的に行政書士のほうが料金面的に安い傾向にあるからです。
ただし、案件によっては弁護士でないと対応できない場合もあります。

PAGE TOP